美しい花がある

かつて小林秀雄さんはお能の「当麻」を見た帰りの道すがら、道に残った雪を夜空の下で眺めながら、さきほどまで見て来たお能を思いつつ「美しい花がある、花の美しさという様なものはない」と感じたという。

Read More